お墓と墓石のトップ >>  墓石について > 和型墓石・洋型墓石の形状デザインについて

和型墓石・洋型墓石の形状デザインについて

墓石は大きく分けて2種類あります。
日本で最も一般的なのが「和型墓石」といわれる縦長のお墓です。一方、近年人気ですっかり定着しているのが横長の「洋型墓石」で、正面に家名や家紋を刻むほか、想いをこめた一文字やお花などの図柄を彫刻した墓石をよく見かけます。
また、墓石自体の形状を個性的に彫刻する「デザイン型墓石」もあります。

この中でさらに宗教ごとにデザインが少し違ったり、彫刻などで個性的な墓石も見受けられます。

和型墓石

現在も日本で最も標準的な墓石で、みなさんも馴染み深い形だと思います。
和型墓石の形状は元々、お釈迦さまのご遺骨を納めた仏舎利塔を模したものが始まりでしたが、江戸時代に今のようなデザインが定着しました。

「棹石」(もしくは竿石・・・家名や戒名等を刻む部分)、「上台石」、「中台石」、「芝石(芝台)」の四段や三段の構造になります。

洋型墓石(左)と和型墓石(右)

洋型墓石(左)と和型墓石(右) 
横浜市にある 六浦霊園より

この墓石の3段には、江戸時代に好んで信仰された福禄寿(ふくろくじゅ)の考え方を強く反映した形態といわれています。
上段から
竿石(天=寿石)は寿で長寿
上台(人=禄石)は禄で財産や金運
中台(地=福石)は福で子宝
と意味を持つ構成となっています。

また神道を信仰としている方のお墓は、奥都城(読み:おくづき 奥津城とも書く)と呼ばれます。墓石の構成は和型墓石とほぼ同じですが、お線香を焚く香炉がなかったり竿石の頂上部が四角錐の形状であることが特徴です。四角錐は三種の神器の一つで熱田神宮のご神体、天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)を表しています。

そして戒名のない神道では、墓石に「○○家奥都城」と刻むことが多いです。

洋型墓石

洋型墓石の形状は少し横長の長方形で、和型墓石と比べると高さも低めです。
現在、一段と増加傾向にあるのが洋型墓石で、都市部の霊園のみならず日本全国で見かけることが多くなりました。

洋型墓石の特徴としてシンプルな形状から様々な彫刻や象眼を施せることです。

彫刻
墓石の彫刻はお墓を彩る大切な要素です。特に洋型墓石で見受けられ「ありがとう」や「心」、「希望」などの想いのこもった言葉や図柄が刻まれます。

象眼(ぞうがん)
彫刻とは異なり石の内部に美しい天然石を埋め込み、その表面を磨き上げるという特殊技術によって作られた図柄は何年経っても色あせない美しさを保ちます。

現在、伝統的な和型墓石よりシンプルでコンパクトな洋型墓石を選ぶ理由として、多様な宗教観や死生観により仏教的イメージの薄れがあるとも言われています。

そして洋型墓石が人気の最大なる要因は、墓石に刻む文字の自由度が高くスペースを取らないことと、石材量が少なく低価格で建てられる事かもしれません。もしかしたら価格の問題が洋型墓石人気の一番の要因なのではないでしょうか。

その他にも故人の趣味やお仕事内容を立体彫刻するデザイン墓石があります。


カテゴリー:墓石について   最終更新日:2015年11月10日

「墓石について」の関連記事

海外のお墓(国ごとの宗教や墓石の形)

アーリントン国立墓地 米国 出典: フリー百科事典 – ウィキペディア(Wikipedia)
日本の葬儀やお墓文化は特異で、ほぼ全ての方が火葬されることや血縁一族(家族)と一緒のお墓に納骨される様式は、他国には見られない独自[...]

古い墓石のリフォーム・建替え

上記いずれも御影石(花崗岩の一種) 出典: フリー百科事典 – ウィキペディア(Wikipedia)
お墓が古くなったと感じたら、墓石のリフォームをご検討されるとよいでしょう。 頻繁に草むしりが必要な露出している部分に石やコンクリー[...]

耐震性を考えた一体型基礎工事

耐震性を考えた一体型基礎
お墓の地震対策として、墓石の地震対策ばかりに目が行きがちです。墓石自体の地震対策と一緒に霊園や墓所がある土地の地盤も大切になってい[...]

なぜお墓って石なの

墓石の設置作業の様子
お墓といえば、石で出来ているものと決まっていますが、いつ頃から石造りのお墓ができたのでしょうか。 平安時代(794年-1185年)[...]

墓石に使われる石材の種類

影石の色
現在、墓石に使用される石材の多くが花崗岩(かこうがん)で一般的に御影石(みかげいし)と呼ばれています。御影石などの高硬度の石材は耐[...]