お墓の構成

お墓は、お墓の中心となる石塔と、遺骨を納めるカロート(納骨室)、墓地区画を囲む外柵の3つを基本に構成されています。
その他、付属品として、花立て、水鉢、香炉、拝石、塔婆立て、灯篭、墓誌などお墓には様々な墓飾品が設置されます。
墓地のスペースや予算に応じて必要なものを設置しましょう。

お墓の構成 - 一般的な和型墓石の各部の説明

お墓の構成 – 一般的な和型墓石の各部の説明

墓誌 花筒 水切三点加工 塔婆立 物置台 化粧砂利・全面敷石仕上げ 花立・水鉢・香炉 水切三点加工 水切三点加工 水切三点加工 塔婆立 物置台 化粧砂利・全面敷石仕上げ 花筒 花立・水鉢・香炉 墓誌

石塔
石塔は墓石本体のことで、基本は一番上に棹石、次に上台石、中台石、そして一番下に芝台と4段構で、地域によっては3段の石塔もあります。

形やデザインに決まりはありませんが、建てる墓所によっては規定があるところもあります。個人の好みや宗教により加工したりしている石塔も多いですね。
上台石だけ見ても色々なデザインで加工していますので、お墓や墓石選びでお悩みの方は実物を見に行ってみることをお薦めいたします。
表面には「先祖代々之墓」「○○家之墓」等、上台に家紋・家名の文字を刻みます。

カロート
遺骨を納める場所をカロートといいます。
墓地の広さや形によって様々なものがありますが、一般的に地上式・半地下式・地下式とあり、さらにそれぞれ一段型・二段以上型があります。
ほとんどの和型墓地の場合、半地下式の二段か三段型のカロート設置されています。

しかし、最近多くなってきている2平米以下の小さな墓地では、丘カロートという地上式の1段の墓石を乗せる場柵や外柵をかねたカロートが多くなってきています。
また、洋風な雰囲気が人気の芝生墓所では、墓地の形状から、地下式のカロートになってしまいます。
これも大きさなどに合わせて一段型・二段以上型とあり、納骨スペースの大きさが変わります。都営の壁墓地などで多いのもこの地下式の2段式カロートです。

外柵
外柵とは名前の通りお墓を囲む石の柵です。
地崩れ防止や境界線の役割があり、仏様の霊が迷わないようにとも言われます。
呼び方は色々で境界石・巻石・境石等、地方によって違いますが、基本的には同じ外柵です。現在でもお墓の9割以上に外柵がついているでしょう。

基礎は御影石やコンクリートで作られ、上には中石、上石がおかれます。種類は舞台式や階段式などがあり、地域や時代によって外柵も変化しているようです。

外柵は墓所との境をはっきりとさせ、流水や地崩れなどを防止するもので、境界石・巻石・境石・などとも呼ばれます。
外柵の基礎部分は根石と呼ばれ、御影石やコンクリートで作られます。

根石の上には中石、上石が積まれ、上石の上面は羽目という加工がなされます。外柵には小柱や塔婆立て、入り口に大柱が付属して設置されます。

また、外柵は墓地のスペース、地域、時代などによって様々な形があり、墓地の敷地を高くした舞台式、全面に階段を設置した階段式など様々な形式があります。

 

【お墓の付属品 】
花立て
生花を立てるための器。左右対称に置かれ、取り外し可能な独立型の花立てと墓石や水鉢と一体型のものがあります。

劣化防止や手入れのしやすさから、最近ではステンレス製やプラスチック製の花立ても多くなってきました。

香炉
お線香を捧げる香炉は、墓石を引き立てる役割もあります。
宗教上香炉をつけない場合もありますが、大きく分けてお線香を立てる「立置型」と雨で濡れないように横置きの「くりぬき型」があります。
最近では横置きのほうが多くなってきていますね。

水鉢
一般的に花立の間に設置されることが多く、ここに家紋などを刻みます。
水鉢も構造によって一体型と独立型がありますが、香炉一体型水鉢の場合、お線香の熱と水鉢とで温度差が生じひび割れの原因となりますので、よく確認したほうがいいでしょう。

塔婆立て
墓石の後ろに塔婆を支えるために設置されますが、宗教上必要のない場合もあります。近年は比較的小さめの墓所もありますので、外柵と一緒に設置しないと後からは付けられないこともあります。

墓誌
墓誌は故人の戒名や生年月日等の経歴を刻むものです。
基本的に戒名は墓石に刻むのものですが、記しておきたいものが長い場合や代々続くお墓は墓誌を設置して置きます。
長方形の板状の墓誌が一般的ですが、円筒状のものも見られるようになりました。

燈籠(灯篭)
お墓に建てる燈籠を墓前燈籠と呼び、故人を供養するために設置します。
左右に一対もしくは、右側に一基置くことが一般的です。雪見灯篭・角墓前灯篭・丸前灯篭・墓前灯篭等々、様々な種類や形があり、構造上やデザイン的な観点から設置される方も増えてきているようですね。

経机(供台)
お供え物を置く石台で特に決まりはありません。デザインは様々あるようです。

つくばい
お墓参りの際、手を洗う場として利用されるつくばいですが、比較的小さなお墓では構造上つけることが減ってきているようです。

物置台
手荷物などを置く石台でになります。
墓石と合わせた石を使ったり、自然石を使用したりと景観をよくする役割もありますが、つくばい同様、近年では減ってきているようですね。
 
名刺受け
参拝者の名刺を受けるためのもので、大きいお墓についているのを見かけます。
名刺を保管しますので、雨水が入らないような構造にします。

玉砂利
墓地内に敷き詰め、防草の役割があります。
また景観もよくなるため、化粧砂利とも呼ばれます。
黒インド、大磯、那智、五色といった種類があり、墓石やお墓全体の雰囲気にあったものを選びましょう。


カテゴリー:墓石について   最終更新日:2013年5月24日

「墓石について」の関連記事

海外のお墓(国ごとの宗教や墓石の形)

アーリントン国立墓地 米国 出典: フリー百科事典 – ウィキペディア(Wikipedia)
日本の葬儀やお墓文化は特異で、ほぼ全ての方が火葬されることや血縁一族(家族)と一緒のお墓に納骨される様式は、他国には見られない独自[...]

古い墓石のリフォーム・建替え

上記いずれも御影石(花崗岩の一種) 出典: フリー百科事典 – ウィキペディア(Wikipedia)
お墓が古くなったと感じたら、墓石のリフォームをご検討されるとよいでしょう。 頻繁に草むしりが必要な露出している部分に石やコンクリー[...]

耐震性を考えた一体型基礎工事

耐震性を考えた一体型基礎
お墓の地震対策として、墓石の地震対策ばかりに目が行きがちです。墓石自体の地震対策と一緒に霊園や墓所がある土地の地盤も大切になってい[...]

なぜお墓って石なの

墓石の設置作業の様子
お墓といえば、石で出来ているものと決まっていますが、いつ頃から石造りのお墓ができたのでしょうか。 平安時代(794年-1185年)[...]

和型墓石・洋型墓石の形状デザインについて

洋型墓石(左)と和型墓石(右)
墓石は大きく分けて2種類あります。 日本で最も一般的なのが「和型墓石」といわれる縦長のお墓です。一方、近年人気ですっかり定着してい[...]