お墓と墓石のトップ >>  墓石について > 古い墓石のリフォーム・建替え

古い墓石のリフォーム・建替え

お墓が古くなったと感じたら、墓石のリフォームをご検討されるとよいでしょう。
頻繁に草むしりが必要な露出している部分に石やコンクリートで覆う防草施工。欠けてしまった墓石の修繕や墓石のずれ修正、石材同士の接合目地のコーティングなども石材店で行ってくれます。また、コケやカビで汚れた墓石をクリーニングすることで長持ちします。

ただ、修繕の域を超え新築をご検討される方も多いです。

墓石(御影石)の耐用年数

御影石のお墓は石の質によりますが50年ほどで表面が荒れ、建てた時の艶やかな輝きを失います。表面につく水垢や汚れを洗い流すなど定期的なお掃除で、お墓の輝きを維持でき、丁寧に扱えば100年持つとも言われています。

日々風雨に耐え日光を浴びる墓石に一番の大敵は温度差です。密度の高い御影石でも石に含まれるわずかな水分が膨張と収縮を繰り返し、細かな亀裂を生じさせます。
そこにお手入れを怠るとカビやコケが繁殖し劣化のスピードを速めます。日ごろからお手入れが必要なのは、お墓をより長く使うためにたいへん重要です。

ちなみに御影石(花崗岩)とは、地球のマグマ由来の火成岩で、その中でもゆっくりと冷えた深成岩に分類され、日本を含め世界各地で産出されています。

上記いずれも御影石(花崗岩の一種) 出典: フリー百科事典 – ウィキペディア(Wikipedia)

上記いずれも御影石(花崗岩の一種)
出典: フリー百科事典 – ウィキペディア(Wikipedia

お墓の建替えの必要性

50年以上前に建立されたお墓では、耐久性の低い石材が使用されている場合も少なくありません。また、お墓の地震対策が叫ばれたのはここ最近のことで、耐震が不十分な場合には倒壊する危険もありますので早めに相談してみると良いでしょう。

せっかく建て直すなら墓石のデザインも一新することも可能です。
加工技術の進歩とIT化で手軽に文字や絵柄を墓石に刻むことや、デザイン墓石を立てることができます。現代を生きる皆様に合ったデザインのお墓を建てては如何でしょうか。


カテゴリー:墓石について   最終更新日:2013年7月1日

「墓石について」の関連記事

海外のお墓(国ごとの宗教や墓石の形)

アーリントン国立墓地 米国 出典: フリー百科事典 – ウィキペディア(Wikipedia)
日本の葬儀やお墓文化は特異で、ほぼ全ての方が火葬されることや血縁一族(家族)と一緒のお墓に納骨される様式は、他国には見られない独自[...]

耐震性を考えた一体型基礎工事

耐震性を考えた一体型基礎
お墓の地震対策として、墓石の地震対策ばかりに目が行きがちです。墓石自体の地震対策と一緒に霊園や墓所がある土地の地盤も大切になってい[...]

なぜお墓って石なの

墓石の設置作業の様子
お墓といえば、石で出来ているものと決まっていますが、いつ頃から石造りのお墓ができたのでしょうか。 平安時代(794年-1185年)[...]

和型墓石・洋型墓石の形状デザインについて

洋型墓石(左)と和型墓石(右)
墓石は大きく分けて2種類あります。 日本で最も一般的なのが「和型墓石」といわれる縦長のお墓です。一方、近年人気ですっかり定着してい[...]

墓石に使われる石材の種類

影石の色
現在、墓石に使用される石材の多くが花崗岩(かこうがん)で一般的に御影石(みかげいし)と呼ばれています。御影石などの高硬度の石材は耐[...]