お墓と墓石のトップ >>  お墓と墓石の最新情報 > 嘉納治五郎のお墓 -柔道の創始者-<著名・有

嘉納治五郎のお墓 -柔道の創始者-<著名・有名人のお墓>

柔道の創始者で教育者である、嘉納治五郎さんのお墓をご紹介します。
武士の武術を起源とし、数多の流派を統合し体系化したのが柔道で、明治時代に嘉納治五郎さんが創始しました。この嘉納治五郎さんのお墓が、千葉県松戸市にある東京都立八柱霊園にあります。

関連記事:霊園探訪:都立八柱霊園の庭園墓所 有名人の墓(1)

嘉納治五郎のお墓の石灯篭(都立八柱霊園)

嘉納治五郎のお墓の石灯篭(都立八柱霊園)

【嘉納治五郎さんのお墓にお参り】
場所:東京都立八柱霊園(公営霊園)
住所:千葉県松戸市田中新田生松48-2
嘉納治五郎さんのお墓の場所:5区1種5側13番
開門、閉門時間が御座いますのでご注意ください。

Kano Jigoro

嘉納治五郎(1860年-1938年)
武士の武術を学び、現在に至る柔道を創始します。1882年(明治15年)に柔道の総本山となる講道館を設立して、柔道の普及活動を行います。東京高等師範学校(現、筑波大学)の校長や文部省参事官を務めるなど、教育者としても尽力します。1909年(明治42年)に日本人で初めて国際オリンピック
委員会の委員となり、柔道の国際化も加速しました。1936年(昭和13年)にカイロのIOC総会の帰路、氷川丸の船上で死去。享年77。

柔道家の聖地 嘉納治五郎のお墓

嘉納治五郎さんは、柔道にとどまらず日本文化全体を世界に発信しました。武術や柔術と呼ばず「柔道」としたのも日本の精神文化に基づく人間の成長を、嘉納さんが目指したものと考えます。

嘉納治五郎さんのお墓は、都立の公営霊園である八柱霊園(千葉県松戸市)にあります。八柱霊園は、日本で初めて「霊園」と称し昭和10年に開園した墓所で、フランス風の幾何学模様の庭園があります。

八柱霊園の正門を入り、右手にある合葬式墓地とふれあい広場の先、広い園路に面した場所にあります。

嘉納治五郎のお墓がある都立八柱霊園(千葉県松戸市)

嘉納治五郎のお墓がある都立八柱霊園

鳥居が立派な嘉納治五郎のお墓(都立八柱霊園)

鳥居が立派な嘉納治五郎のお墓(都立八柱霊園)




嘉納治五郎のお墓の入口(都立八柱霊園)

嘉納治五郎のお墓の入口

嘉納治五郎のお墓にある頌徳碑

嘉納治五郎のお墓にある頌徳碑




嘉納家のお墓は、とても立派な鳥居が立てられ、他に類を見ない独特の風格のある墓所です。墓所の大きさも跳び抜けて広く、鳥居をくぐると頌徳碑が飾られ、右手に大きな一対の石灯籠が建てられており、神社の境内のような風格です。

この頌徳碑には、公爵西園寺公望(第12、第14代内閣総理大臣)題額と記されており、嘉納治五郎さんの功績が刻まれています。

嘉納治五郎さんの墓石は、一般的には見かけない形状をしています。
嘉納治五郎の土饅頭のお墓(都立八柱霊園)

嘉納治五郎の土饅頭のお墓

嘉納治五郎の墓碑(都立八柱霊園)

嘉納治五郎の墓碑




こんもりと丸い形状をした嘉納治五郎さんのお墓。土饅頭とも呼ばれるお墓で、第二次世界大戦の前後にかけて軍人さんや政治家のお墓にしばしば見られる形状の墓石です。神道の考え方と日本古来の埋葬方法に則したお墓ではないかと考えます。

土葬が一般的な埋葬方法であった頃、亡骸に直接土をかぶせる土饅頭が墓地にいくつもありました。定かではないですが、ご先祖様と同じような土饅頭墓の形状にしたのではないかと思います。

嘉納治五郎と2020年東京オリンピック

嘉納治五郎さんは柔道を日本だけでなく、世界に広げようと努力されました。日本人では初となるIOC(国際オリンピック委員会)の委員となり、柔道を世界共通のスポーツに定着させました。

日本で初のオリンピック開催に尽力し、1940年開催都市が東京に決定したのも嘉納さんの努力の賜物です。ただ、世界は戦争へと突入し、オリンピック開催が危ぶまれる中、1938年エジプトのカイロで行われたIOC総会の帰路、氷川丸の船上にてお亡くなりになられました。

お亡くなりになられた2ヵ月後には、東京オリンピック(1940年開催予定)は開催地変更が決まり、結果的には開催中止となりました。それから26年後、日本で初めて開催された東京オリンピック(1964年)を、残念ながら嘉納治五郎さんは見ることはできませんでした。

56年ぶり、2020年(平成32年)に開催される東京オリンピック。世界中のアスリートが東京に集まり、最高の競技を目の当たりにできます。柔道も例外ではありません。世界のスポーツとなった柔道は、国際柔道連盟に190カ国以上が加盟し、競技人口は350万人を優に越えます。
嘉納治五郎さんが目指した世界に羽ばたく柔道が、再びここ東京に集まることがとても楽しみです。

公営霊園をめぐってお墓を拝見

嘉納治五郎さんがお眠りになられている都立八柱霊園は、広大な公営墓所で様々な形状の墓石を拝見できます。公営霊園ですので誰でも自由に入ることができ、公園として楽しむこともできます。

お墓を建てたいと思っている方へ、是非多くのお墓を見られては如何でしょうか。個性豊かな墓石も多く見識を広げるには絶好の霊園です。また、八柱霊園は宗教や宗派を問わない公営霊園でとても開放的です。民間霊園にも宗教や宗旨不問の霊園がありますので、ご検討をお願い致します。


カテゴリー:お墓と墓石の最新情報   最終更新日:2015年5月22日

「お墓と墓石の最新情報」の関連記事

小泉八雲のお墓は都心の雑司が谷霊園<著名・有名人のお墓>

供花に囲まれる八雲のお墓(都立雑司ヶ谷霊園)
我が国の文化を理解し、愛してくれる外国人が増加しています。訪日外国人旅行者は史上最高を毎年更新し、政府が目指す年間2,000万人に[...]

芥川龍之介のお墓は文学者が集まる巣鴨<著名・有名人のお墓>

桐紋が刻印された芥川龍之介のお墓(豊島区・慈眼寺)
日本を代表する小説家の一人、芥川龍之介先生。「羅生門」や「鼻」、「蜘蛛の糸」など教科書に採用されたり、今でも読み継がれる名作を世に[...]

太宰治のお墓は尊敬する鴎外と共に<著名・有名人のお墓>

人間失格など名作を著した太宰治のお墓
戦前から戦後にかけて、名作を著した作家太宰治先生。教科書にも載る「走れメロス」をはじめ、戦後発表される「斜陽」、「人間失格」などで[...]

夏目漱石のユニークなお墓<著名・有名人のお墓>

線香立が5つ並ぶ夏目漱石のお墓(都立雑司ヶ谷霊園)
明治から大正時代に活躍された文豪、夏目漱石先生のお墓が都立の雑司ヶ谷霊園にあります。サンシャイン60がある池袋駅の東側に位置し、高[...]

直木賞の直木三十五のお墓<著名・有名人のお墓>

直木三十五のお墓(金沢区・長昌寺)
毎年2回、文学界を騒がせ、読書家の耳目を集めるのが直木賞と芥川賞です。エンタテイメント性の高い作品を選ぶ直木賞と、純文学の新人作家[...]