お墓と墓石のトップ >>  お墓と墓石の最新情報 > 岡本太郎のお墓 稀代の芸術家<著名・有名人の

岡本太郎のお墓 稀代の芸術家<著名・有名人のお墓>

岡本太郎さんと言えば、稀代の天才芸術家であり、その作風は誰も見たことのない斬新で驚かされるものです。代表作の一つとして、大阪で1970年(昭和45年)に開かれた万国博覧会の太陽の塔が有名です。今も多くの人々に驚きと感動を伝える岡本太郎さんのお墓を、都立多磨霊園に訪ねました。

関連記事:霊園探訪:都立多磨霊園 歴史を訪ねる2-文化・芸術家のお墓

岡本太郎さん・敏子さんの墓石

岡本太郎さん・敏子さんの墓石


【岡本太郎さんのお墓】
場所:東京都立多磨霊園(公営霊園)
住所:東京都府中市多磨町4-628
岡本太郎さんのお墓の場所:都立多磨霊園 16区1種17側3番
多磨霊園には、開門と閉門の時間が御座いますので、ご注意してください。


岡本太郎記念館HPから <a href="http://playtaro.com/" target="_blank">PLAY TAROサイト</a>

岡本太郎記念館HPから PLAY TAROサイト

岡本太郎(1911年 – 1996年)
新聞社の漫画家、小説家の父岡本一平さん、作家で歌人、仏教研究家の母かの子さんの間に1911年(明治44年)に生まれます。父一平さんが新聞記者として渡欧、岡本太郎さんも同行しパリで美術を学びます。第二次世界大戦では兵役で中国戦線に出征。

戦禍でアトリエや作品焼失した戦後、創作活動を再開します。
1970年(昭和45年)に開かれた万国博覧会では、高さ70mの太陽の塔を作り上げ、日本のみならず世界中から訪れた来園者の度肝を抜きました。その後も精力的に作品を世に出し、今もその多く作品を見ることができます。
後年は、テレビにもしばしばご出演され「芸術は爆発だ」が流行語にもなりました。

多磨霊園にある岡本太郎さんとご家族のお墓

東京都立の公営霊園では最大規模を誇る多磨霊園。その一角に岡本太郎さんのお墓はあります。正門入口から多磨霊園のシンボル噴水塔に続く名誉霊域通りを進み、右手にある木立の中に微笑みかけるような岡本太郎さんの作品が見えてきます。

岡本太郎さんのお墓がある都立多磨霊園

岡本太郎さんのお墓がある都立多磨霊園

都立多磨霊園のシンボル噴水塔

都立多磨霊園のシンボル噴水塔




緑豊かな多磨霊園にある岡本太郎さんの墓石

多磨霊園 岡本太郎さんの墓石

ユニークな岡本太郎さんの墓石

ユニークな岡本太郎さんの墓石




普通の墓石とはまったく違う、岡本太郎さんらしいお墓です。墓石といっても「午後の日」というタイトルで、1967年に発表した太郎さんの作品です。岡本太郎さんの死後、パートナーである敏子さんが墓石としてこの作品を選んだと言われています。墓石の隣りには墓誌として、岡本太郎さんとパートナー敏子さんのお名前が刻まれていました。
ブロンズ製の太郎さんのお墓は、お参りしてきた方に笑顔を振りまくような可愛いお顔をしています。

岡本家ご一家のお墓

岡本太郎さんのお墓がある墓域は、木陰の中に陽光が差す広いスペースになっています。太郎さんのお墓の前には、父である岡本一平さんのお墓があります。これもまた1952年に発表された太郎さんの「顔」という陶製の作品です。
そして一平さんの墓石に並ぶように立つのが、母かの子さんの観音像の墓石です。作家や歌人でありながら仏教を深く研究した母かの子らしい墓石となっています。

素敵な広場のような岡本太郎さんの墓域

素敵な広場のような岡本太郎さんの墓域

父岡本一平さん、母かの子さんの墓石

父岡本一平さん、母かの子さんの墓石




太郎さんの父岡本一平さんの墓石

太郎さんの父岡本一平さんの墓石

川端康成さんの「母の手紙」の碑

川端康成さんの「母の手紙」の碑





墓域の中心には碑が建っており、ノーベル文学賞受賞の作家川端康成さんが、太郎さん著作「母の手紙」に送った序文が刻まれています。川端康成さんは岡本家を「なつかしい家族であるが、また日本ではまったくたぐい希な家族であった」と評しながら、「聖家族であると思う」、「この三人は日本人の家族としてはまことに珍しく、お互いを高く生かし合いながら、お互いが高く生きた。」と岡本一家を讃えています。

ご自身、ご家族らしいお墓

芸術家岡本太郎さんのお墓は、彼の作品を間近に目にできるお墓です。簡単にはまねのできない太郎さんにしかできないの墓石です。
とはいえ、現代のお墓でも嗜好を凝らしたお墓も多くなっています。ご自身やご家族のメッセージを刻み込んだ墓石もしばしば目にします。「ありがとう」や、感じ一文字に想いを込めて「心」「誠」などが刻まれ、永代に続く故人のメッセージを未来に伝えます。

これからお墓を建てたいと検討されている方、是非多くのお墓を見ては如何でしょうか。まねのできない奇抜なお墓を建てるのも良いですし、一般的なお墓の基準を調べるのも良いのではないでしょうか。それには多くのお墓を見るのが大切で、都立多磨霊園は、お墓の形状がバラエティーに富んでおり、お墓の知識を得るには絶好の場所です。

また、都立多磨霊園のように開放的で緑豊かな霊園をお探しなら、日本霊園サービスにお問合せください。


カテゴリー:お墓と墓石の最新情報   最終更新日:2015年3月2日

「お墓と墓石の最新情報」の関連記事

小泉八雲のお墓は都心の雑司が谷霊園<著名・有名人のお墓>

供花に囲まれる八雲のお墓(都立雑司ヶ谷霊園)
我が国の文化を理解し、愛してくれる外国人が増加しています。訪日外国人旅行者は史上最高を毎年更新し、政府が目指す年間2,000万人に[...]

芥川龍之介のお墓は文学者が集まる巣鴨<著名・有名人のお墓>

桐紋が刻印された芥川龍之介のお墓(豊島区・慈眼寺)
日本を代表する小説家の一人、芥川龍之介先生。「羅生門」や「鼻」、「蜘蛛の糸」など教科書に採用されたり、今でも読み継がれる名作を世に[...]

太宰治のお墓は尊敬する鴎外と共に<著名・有名人のお墓>

人間失格など名作を著した太宰治のお墓
戦前から戦後にかけて、名作を著した作家太宰治先生。教科書にも載る「走れメロス」をはじめ、戦後発表される「斜陽」、「人間失格」などで[...]

夏目漱石のユニークなお墓<著名・有名人のお墓>

線香立が5つ並ぶ夏目漱石のお墓(都立雑司ヶ谷霊園)
明治から大正時代に活躍された文豪、夏目漱石先生のお墓が都立の雑司ヶ谷霊園にあります。サンシャイン60がある池袋駅の東側に位置し、高[...]

直木賞の直木三十五のお墓<著名・有名人のお墓>

直木三十五のお墓(金沢区・長昌寺)
毎年2回、文学界を騒がせ、読書家の耳目を集めるのが直木賞と芥川賞です。エンタテイメント性の高い作品を選ぶ直木賞と、純文学の新人作家[...]