お墓と墓石のトップ >>  お墓参りについて > 現代の掃苔家「墓マイラー」 お参りにはマナー

現代の掃苔家「墓マイラー」 お参りにはマナーが大事

歴史的人物、著名人、芸能人の方のお墓にお参りする「墓マイラー」が、最近増えいているとメディアで取り上げられています。
ただ、最近の流行ではなく、江戸時代からあった趣味で、掃苔家(読み:そうたいか)と呼ばれる人たちが昔から少なからずいたようです。
呼んで字の如く、お墓のコケを掃除するかのように、忘れ去られた偉人、賢人の功績を呼び覚ます素敵な趣味であると思います。

現代の「掃苔家」墓マイラー

桜が咲く東京港区・青山霊園

桜が咲く東京港区・青山霊園
出典: フリー百科事典 – Wikipedia

池田勇人や犬養毅など歴代の内閣総理大臣だけで8人が眠る東京都港区・青山霊園は墓マイラーの聖地です。政治家以外にも渋谷のシンボル「忠犬ハチ公」が飼い主の上野英三郎と共に眠っている。

桜-ソメイヨシノの発祥の地とされている東京都豊島区・染井霊園には、西郷隆盛像で有名な彫刻家の高村光雲とその息子の高村光太郎、思想家で哲学者の岡倉天心などのお墓がある。また、霊園に隣接する慈眼寺(読み:じげんじ)には作家の芥川龍之介や谷崎潤一郎(京都にもお墓があり、分骨と思われます。)が眠っています。

歴史的人物だけでなく、早逝されたミュージシャンや女優さんのお墓にも多くの人が訪れます。ファンが集い当時の熱狂が蘇り、お参りするファン同士で新たなつながりが出来ているそうです。

お墓参りのマナー

お墓は観光地ではないので一定のマナーが必要です。

控えめな服装で
霊園は厳かな場所ですので、露出が多い服装や派手な色は避けましょう。

カメラ撮影に注意
周りのお墓にお参りの方がいらっしゃらる時に撮影は、控えた方がよいでしょう。
手を合わせている最中にシャッター音やフラッシュが隣りであると嫌なものですね。

供花や供物は
生前に愛好されたお花や食べ物をお供えすることは、故人のご供養になります。
ただ、お花は時が経てば枯れ、飲食物は腐敗し動物の餌となってしまいます。
そのお墓を管理されているご子息さまに多大なご負担となりますので、お帰りの際には必ず持ち帰りましょう。

お祈りの仕方
そっと手を合わせ目を閉じご冥福をお祈りしましょう。
故人の宗教、宗旨宗派に合わせたいお気持ちがあるとおもいますが、無理せず静かに自分なりのお祈りの仕方で構わないと思います。
まずそんな方はいないと思いますが、神道で香炉がないのにお線香を焚くようなことは、避けるべきでしょう。

マナーが悪化すると、親族以外のお墓参りを禁止する事になるかもしれません。
これからも多くの方がお参りしやすい環境を作るのは、一人ひとりの心掛けからだと思います。


カテゴリー:お墓参りについて   最終更新日:2013年5月8日

「お墓参りについて」の関連記事

年末大掃除 年神様とご先祖様、お墓のお掃除もお忘れなく

お正月に飾る鏡餅と門松
毎年年末になると、多くのご家庭で大掃除をすると思います。家中の埃を払い、気持ちよく新年を迎えたい。誰しもが師走のこの時期に考えるこ[...]

お墓参り・お墓清掃の代行サービスと改葬

イメージ:お墓の清掃
「お墓参り・お掃除代行」というサービスをご存じでしょうか。 最近、テレビや新聞、雑誌などで目にする事も多く、現代的なサービスが「お[...]

お墓に故人の好きなお花を

お墓参りに供花(仏花)
お墓や仏壇にお供えするお花を仏花(ぶっか)や供花(くげ)といいます。 仏教とは仏花、どんな宗教でも使えるのが供花と使い分けているこ[...]

お墓参りはお彼岸?お盆?・・・いつ行くの?

イメージ:墓所
お墓参りが疎かになっている方はいらっしゃいませんか? いつ行ったらいいの?なんておっしゃる方もいらっしゃいますが、お彼岸やお盆には[...]

墓石の周りに植栽 お花が楽しめる霊園も・・・

茨城県つくば市 牛久沼聖地公苑
お持ちのお墓の区画に余裕があると、樹木など植えたりお墓をお花に囲まれた花壇のようにしたいと、お考えになる方もいらっしゃるかと思いま[...]