墓石のお手入れ

外で雨風に晒されているお墓ですが、お墓参りの際のお掃除方法をご紹介します。

イメージ:お墓の清掃

イメージ:お墓の清掃

土のあるお墓では雑草などが生える場合がありますので、ゴミ袋は必需品です。
墓石自体は洗剤や薬品などは使わず、水の湿らした雑巾やスポンジでやわらかくこすりましょう。
目地の汚れも硬いブラシでこすると傷の原因になり、傷に汚れやカビが生える場合がありますので、スポンジなどで根気よく汚れを落とすのがベストです。

お墓のお掃除に不安な場合は、霊園の管理事務所や石材店に相談してみましょう。

お墓のお掃除に用意するもの

・スポンジや雑巾
・バケツ
・歯ブラシ / 割りばし(墓石の目地や彫刻の奥を掃除するため)
・ほうき / ちりとり / 鎌(区画が広く雑草が生えやすいならば)

公共交通機関でお掃除道具を持ち歩くのも大変かもしれません。
ほうきやちり取りなどは貸し出ししている墓所もありますので、事前に事務所などに確認しておきましょう。

墓石のお掃除の方法

墓石のお掃除 傷つけないように柔らかいもので丁寧に

墓石のお掃除 傷つけないように柔らかいもので丁寧に

スポンジや雑巾で墓石全体の汚れを落としていきます。墓石の角や文字が刻まれている所は、雑巾と割りばしを使い拭いていきます。

花立てなど、真鍮で造られている場合は専用の洗剤を使い綺麗にしていきます。
墓石や付属品を綺麗に拭けたら次は周りのお手入れをします。
周辺に草など生えていたら鎌を使い刈り取ります。

玉砂利を敷いていても小さな雑草は生えてきますので、小さいうちに取ってしまいましょう。古くなった卒塔婆は指定の廃棄場に持っていきます。
これでお墓のお手入れは終わりです。

お墓のお掃除はたった数分で終わってしまうほどのことですので、お墓参りの度にお墓を綺麗に保つよう心掛けてあげてください。

折角お墓を綺麗にしましたので、もちろんお墓参りもしていきます。
柄杓で墓石全体に水をまき、供花を飾り、故人がお好きだったお菓子など供え物を置いて、線香に火をつけ拝礼します。

最後に後片づけをして、お供え物を持って帰るようにしましょう。


カテゴリー:お墓参りについて   最終更新日:2013年5月8日

「お墓参りについて」の関連記事

年末大掃除 年神様とご先祖様、お墓のお掃除もお忘れなく

お正月に飾る鏡餅と門松
毎年年末になると、多くのご家庭で大掃除をすると思います。家中の埃を払い、気持ちよく新年を迎えたい。誰しもが師走のこの時期に考えるこ[...]

お墓参り・お墓清掃の代行サービスと改葬

イメージ:お墓の清掃
「お墓参り・お掃除代行」というサービスをご存じでしょうか。 最近、テレビや新聞、雑誌などで目にする事も多く、現代的なサービスが「お[...]

お墓に故人の好きなお花を

お墓参りに供花(仏花)
お墓や仏壇にお供えするお花を仏花(ぶっか)や供花(くげ)といいます。 仏教とは仏花、どんな宗教でも使えるのが供花と使い分けているこ[...]

現代の掃苔家「墓マイラー」 お参りにはマナーが大事

桜が咲く東京港区・青山霊園
歴史的人物、著名人、芸能人の方のお墓にお参りする「墓マイラー」が、最近増えいているとメディアで取り上げられています。 ただ、最近の[...]

お墓参りはお彼岸?お盆?・・・いつ行くの?

イメージ:墓所
お墓参りが疎かになっている方はいらっしゃいませんか? いつ行ったらいいの?なんておっしゃる方もいらっしゃいますが、お彼岸やお盆には[...]