お墓と墓石のトップ >>  お墓とは > 寿陵墓でご先祖供養を

寿陵墓でご先祖供養を

終戦直後に生まれ、戦後復興で都会に生活の基盤を作ってきた、いわゆる団塊の世代の方々が終活の準備を進めています。

エンディングノートお墓について

エンディングノートお墓について


終活に注目が集まる中、象徴的な問題になっているのが「お墓」です。生活基盤がご先祖様がいらっしゃる生まれの地と離れ、核家族が進んだのが現代の我が国です。

ご自身とご家族のお墓を建てる時、ご先祖様や故郷とのつながりに不安や疑問が湧いてきます。一体自分はどこから来て、どこへ進み、子ども達に何を残すのか。そこで、新たに建立されるお墓であっても、ご先祖様との絆を求めることが増えてきております。

このページでは、ご先祖様と寿陵(生前に新しく建てるお墓)をつなぐ、新たなご先祖供養の考え方をご紹介します。

ご自宅近くのお墓に祖霊をお迎えする

寿陵墓での先祖供養について

お墓参りをするご家族 ~お墓は次の世代に引継ぐ絆~

お墓参りをするご家族 ~お墓は次の世代に引継ぐ絆~

生前に建てるお墓を寿陵と呼びます。寿陵墓は長寿・家庭円満・家族の繁栄をもたらすといわれ、古来より縁起の良いお墓として建てられてまいりました。その寿陵墓で、先祖供養ができることをご存じでしょうか。

お墓を建てると墓石に魂を入れる「開眼供養」を行います。
寿陵墓の場合も、魂を入れることによってご先祖様との絆が生まれ、「先祖代々を祀るお墓」になります。

これで故郷のお墓と同様に、お墓参りをすることができるのです。また、魂を入れるだけでなく、故郷のお墓にある砂(お骨の代わり)や、お骨を分けて納める方もいらっしゃいます。

祖霊との絆に感謝し自宅近くでいつでもお墓参りをすることで、心豊かな人生を送ると共に子孫へ供養の大切さを伝えることが出来るのではないでしょうか。
生前墓(寿陵)改葬(お墓の引越し)に関しては詳しく知りたい方へ

先祖供養の寿陵をご購入者の声

「自分のお墓でご供養できるとは」横浜市 山上真三さん

私は三男なので、そのうちどこかにお墓を用意しなければと漠然と考えてはいたのですが、正直なところ自分が入るお墓を用意することに対して『別に今すぐ使うものではないから』という気持ちがあったので、購入する時期を考えていました。

そんなとき、たまたまうちに訪ねてきた六浦霊園の営業の人から『生前中にお墓を建てられる方は、故郷のお墓の土を持ってきてご先祖供養されていますよ』という話を聞きました。
前々から実家に帰る交通費や時間のことも気になっていたので、そんな使い方もあるのかという思いで、さっそく現地を見学をし、係りの人に色々と相談してお墓を準備することになりました。

横浜の六浦霊園

永代に亘り宗教不問、祭祀自由の大型公園霊園 横浜の六浦霊園


今では父母の月命日にもお墓参りへ行けるようになり、とてもうれしく思います。
息子たちに対しても自分の祖父母や両親のことを話して聞かせるよいきっかけとなりました。


カテゴリー:お墓とは   最終更新日:2014年6月30日

「お墓とは」の関連記事

お墓の供花に造花はアリ?ナシ?

お墓にお供えされる菊の花
お墓参りに行ったり、霊園を見学すると気になることはありませんか。 私が気になるのは、お墓にお供えされたお花です。供花や仏花と呼ばれ[...]

現代のお墓に残る古来の風習

横穴古墳の内部 市ヶ尾横穴古墳群(横浜市青葉区)
お墓がどのような過程で今の形になったのか。お墓の疑問を解き明かすため、一気にタイムスリップして6世紀後半から7世紀後半の古墳時代の[...]

先祖代々の墓と両家墓

時代の流れを感じる墓石が並ぶ
霊園を拝見すると、しばしばお見かけするのが「両家墓」です。改めて両家墓が誕生した経緯と、従来の先祖代々の墓(一族墓)との違いを、時[...]

墓所のスタイルとお墓の様式

個人の墓碑が並ぶ永代供養墓
お墓の形は様々ありますが、そのお墓を建てる墓所にも様々な種類があります。 納得のいくお墓を建てるには、墓所それぞれの特長や雰囲気な[...]

お墓の形・デザインも様々あります(画像で比較)

五輪塔(ごりんとう)の墓石
迷ってしまうのがお墓の形、墓石のデザインです。落ち着いた雰囲気の和型墓石。洋型墓石のオシャレな感じも好き。もっと石材やデザインにこ[...]