お墓と墓石のトップ >>  お墓とは > 墓所のスタイルとお墓の様式

墓所のスタイルとお墓の様式

お墓の形は様々ありますが、そのお墓を建てる墓所にも様々な種類があります。
納得のいくお墓を建てるには、墓所それぞれの特長や雰囲気などを理解しすることが大切です。では早速、個々の墓所スタイルを見ていきましょう。

伝統的な一般墓所

黒御影石の和型墓石

伝統的なスタイルの一般墓所

一般墓所(普通墓所と呼ばれる場合も)とは、一つひとつの区画が外柵によって区分けされている墓所で、全国に広まっている伝統的な様式です。
一般墓所に和型墓石と言う組み合わせは“日本のお墓のかたち”として今日まで受け継がれ、静かで落ち着きのある佇まいが、誰からも親しまれる様式と言えるでしょう。
また、一般墓所に洋型墓石を使用しても違和感がなく、それでいて、墓所としての品格を保ちつつ現代的要素が加わり、和型墓石とはまた違った味わいが出てきます。

さらには、区画の広さに応じて装飾品(草木、墓誌、塔婆立など)をつけることができます。自分で自分のお墓を建てる場合には、どの装飾品をどこに配置するかなどの考えを巡らせるのも、お墓づくりの一興ともいえるのではないでしょうか。

【一般墓所のポイント】

  • 「日本のお墓」の印象を大切にしている
  • 和型墓石、洋型墓石、いずれも雰囲気に合う墓所スタイル
  • 多くの墓地、霊園で建墓可能な墓所スタイル
  • お墓に向かう通路が石畳の場合が多く、車椅子でも楽々お墓参り

開放感あふれる芝生墓所

緑豊かな公園型の民間霊園(茨城県つくば市 牛久沼聖地公苑)

開放感ある芝生墓所(つくば市牛久沼聖地公苑)

広い芝生の墓域に墓石が並び、西洋的な明るさを感じさせる芝生墓所は、近年人気が高まってきた様式です。
芝生墓所の特長として上げられるのが開放感です。
一般墓所と違い、各区画との境に柵を設けないため、隣りの区画との間に空間ができ、さらに、そこに背の低い墓石が立ち並ぶので視界を遮ることなく、墓域一面を見渡す開放感が生まれます。

さらに、墓所面積が比較的小さくても、広々とした印象を感じるのが芝生墓所のメリットです。
西洋的なお墓のイメージを持つ芝生墓所だけに、建てる墓石も、洋型墓石を中心に、ニューデザイン型など現代的な墓石が多く、また、オリジナルデザインによる自由な表現の墓石も、芝生墓所の雰囲気にぴったりです。

【芝生墓所のポイント】

  • とにかく開放的な墓所スタイル
  • 統一された洋型墓石で、石材の色や彫刻などでオリジナルの要素を取り込める
  • 多くは郊外の民間、公営霊園で建墓できる

芝生墓所がある霊園をお探しの方は、6万株以上の花木が咲き誇る開放的な人気の霊園、牛久沼聖地公苑を是非ご見学ください。

これから新しい様式の墓所

1、個人型墓所「永代供養墓」
永代供養墓とは、代々承継される家墓とは異なり、申込みされたご本人のためのお墓です。よって墓所の使用権は承継することはできません。
承継者の有無に関わらず墓所管理者が永続的に供養する新しい様式の墓所です。
購入時の代金に定められた供養年忌の管理費用も含まれる場合が多く、購入後の費用負担がないため、永代供養墓は独身の方やお子様のいないご夫婦などが多く利用されています。
お墓の形は、個人碑型やプレート型など様々なタイプがあります。

個人の墓碑が並ぶ永代供養墓

個人の墓碑が並ぶ永代供養墓


2、室内墓所
お墓は本来、地(土)の上にあるものです。その考えは今も変わりません。しかし、墓所不足の都心部などでは墓所としての土地利用の効率化などを考え、建設された建物の中にお墓をつくる室内墓所があります。
もちろん、土の上ではなく室内の床の上に建つお墓ですから、墓石は汚れにくいかもしれませんが、日の光は当たりません。また、建物内にお墓をつくりますので、建物自体の耐久年数や維持管理、地震や火災などの災害について事前に考慮する必要があります。
室内墓所は誕生したばかりの新しい様式の墓所ですので、お墓としての評価や永続性は未知数と考えた方がよいかもしれません。

その他としては、北海道や雪の多い東北地方の日本海側地域で、屋根つきの墓所を見かけることがあります。このような防雪対策が施された霊園も、広義としての室内霊園といえるでしょう。

お墓選びには様々なポイントがありますが、墓所のスタイルも重要な検討項目です。
是非多くの霊園を見学されて、おなた様やご家族にとっていいお墓になることを、目指してみては如何でしょうか。


カテゴリー:お墓とは   最終更新日:2015年11月10日

「お墓とは」の関連記事

お墓の供花に造花はアリ?ナシ?

お墓にお供えされる菊の花
お墓参りに行ったり、霊園を見学すると気になることはありませんか。 私が気になるのは、お墓にお供えされたお花です。供花や仏花と呼ばれ[...]

寿陵墓でご先祖供養を

エンディングノートお墓について
終戦直後に生まれ、戦後復興で都会に生活の基盤を作ってきた、いわゆる団塊の世代の方々が終活の準備を進めています。 終活に注目が集まる[...]

現代のお墓に残る古来の風習

横穴古墳の内部 市ヶ尾横穴古墳群(横浜市青葉区)
お墓がどのような過程で今の形になったのか。お墓の疑問を解き明かすため、一気にタイムスリップして6世紀後半から7世紀後半の古墳時代の[...]

先祖代々の墓と両家墓

時代の流れを感じる墓石が並ぶ
霊園を拝見すると、しばしばお見かけするのが「両家墓」です。改めて両家墓が誕生した経緯と、従来の先祖代々の墓(一族墓)との違いを、時[...]

お墓の形・デザインも様々あります(画像で比較)

五輪塔(ごりんとう)の墓石
迷ってしまうのがお墓の形、墓石のデザインです。落ち着いた雰囲気の和型墓石。洋型墓石のオシャレな感じも好き。もっと石材やデザインにこ[...]