お墓と墓石のトップ >>  お墓とは > 仏教とお墓

仏教とお墓

仏教伝来以前の時代は古墳時代と言われ、時代の名前に「古墳」がつくように日本全国に多くの前方後円墳をはじめとする墳墓が、天皇家や地域の有力者により造営されました。
一般庶民のお墓については、集落の近くに共同墓地が作られ、土坑墓木棺墓などで残っています。この時代は当然、今のような石作りで何段にも重ねたお墓は存在していませんでした。

日本のお墓の形態は仏教から大きな影響

寺院霊園

寺院霊園:慈しみの心を大切にするお寺さんの墓所
大利根聖地霊園 茨城)

古代のお墓が激変するのは仏教伝来です。6世紀の伝来から日本独自の宗教観と融合しながらして開花した仏教ですが、仏教と共に建築や石工の技術が日本に入ってきました。

まずは公家などの支配階級を中心に、お墓や供養の碑を石で作るようになります。

その後武士の世に代わる鎌倉時代には、禅宗が位牌や戒名などとともに中国から伝来します。その影響もあり位牌型の板碑や今日の墓石に近い角柱型のものもつくられるようになりました。

一般庶民でも墓石を建立するのは檀家制度が施行される江戸時代になってからで、仏教の祀り方や祭祀様式が生活の中に定着していきました。
お墓参りにおいてはお線香を焚くことや、法要で僧侶を招いて読経を上げ、卒塔婆を立てるなど仏教とお墓が密接に関わっています。

関東・関西地方でお墓をお探しの方は、
日本霊園サービスへお問い合わせください。


カテゴリー:お墓とは   最終更新日:2013年12月23日

「お墓とは」の関連記事

お墓の供花に造花はアリ?ナシ?

お墓にお供えされる菊の花
お墓参りに行ったり、霊園を見学すると気になることはありませんか。 私が気になるのは、お墓にお供えされたお花です。供花や仏花と呼ばれ[...]

寿陵墓でご先祖供養を

エンディングノートお墓について
終戦直後に生まれ、戦後復興で都会に生活の基盤を作ってきた、いわゆる団塊の世代の方々が終活の準備を進めています。 終活に注目が集まる[...]

現代のお墓に残る古来の風習

横穴古墳の内部 市ヶ尾横穴古墳群(横浜市青葉区)
お墓がどのような過程で今の形になったのか。お墓の疑問を解き明かすため、一気にタイムスリップして6世紀後半から7世紀後半の古墳時代の[...]

先祖代々の墓と両家墓

時代の流れを感じる墓石が並ぶ
霊園を拝見すると、しばしばお見かけするのが「両家墓」です。改めて両家墓が誕生した経緯と、従来の先祖代々の墓(一族墓)との違いを、時[...]

墓所のスタイルとお墓の様式

個人の墓碑が並ぶ永代供養墓
お墓の形は様々ありますが、そのお墓を建てる墓所にも様々な種類があります。 納得のいくお墓を建てるには、墓所それぞれの特長や雰囲気な[...]