お墓と墓石のトップ >>  お墓とは > 先祖代々の墓と両家墓

先祖代々の墓と両家墓

霊園を拝見すると、しばしばお見かけするのが「両家墓」です。改めて両家墓が誕生した経緯と、従来の先祖代々の墓(一族墓)との違いを、時代の変遷と共に探ってみたいと思います。

最も良く見かける先祖代々の墓

先祖代々の墓とは、家族を祀り、子孫へと受け継がれてゆくお墓です。現在、日本の最も一般的な墓所で、遺骨を納めるたびに墓誌または墓碑に戒名や法名、俗名などを列記していきます。

イメージ:先祖代々の墓

イメージ:先祖代々の墓


日本人の多くが農業を営んでいた江戸時代以前は、集落の近くに住民が守る共同墓地があり、土葬が一般的な埋葬方法でした。今も農業が盛んな地域をはじめ、そこかしこに集落墓地を見かけることができます。また今でも土葬を行っている地域が、僅かではありますが残っていると聞きます。

その当時の墓地が、血縁一族が一緒の墓地に埋葬されていた、厳密な意味での「先祖代々の墓」と言えるでしょう。

時代の流れを感じる墓石が並ぶ

時代の流れを感じる墓石が並ぶ

土葬が主な埋葬方法だった当時の墓石は、個人単位かご夫婦で一つの墓石を建てていました。今も古い寺院霊園を拝見すると、先祖代々のお墓のほかに、古くて小ぶりな墓石が並んで建っているのを見かけます。この小ぶりな墓石は、土葬により埋葬された方のために建てられた墓石で、今もなおご供養されていることでしょう。

一般的に古いご先祖様の墓石は、弔い上げ(三十三回忌か五十回忌)された後、ひとつの墓石にまとめられることが多いです。

また、お墓参りの不便さにより、故郷の墓地からお近くの霊園にご遺骨を移す改葬も、最近特に増えてきています。
お墓に関すること、改葬についてはコチラをご覧ください。

都市化とお墓

一方、人口密集地の江戸や大阪では土葬を行うと、墓地不足となってしまいます。また墓地が住居に隣接していると、臭いや疫病など衛生的な問題もありました。そこで仏教の慣わしにある「荼毘に付す」、つまり火葬が行われるようになりました。

火葬しお骨になれば埋葬にそれほどの土地も必要なく、家族揃ってひとつのお墓に埋葬されることが、明治時代に入ってようやく一般的になりました。
この先祖代々の集落墓地から墓石ひとつの代々墓に移り変わったのは、お墓にとっての大変革といえるでしょう。

この変革は、伝統を守りつつ効率的な考え方や、清潔好きな日本人特有の性格も影響しているのかもしれません。

お墓の大変革!?両家墓

両家墓とは、二つの家を一つのお墓に祀ったものをいいます。長男、長女同士の結婚や、一人娘の結婚などの事情で造られるようになりました。墓石には、両家の姓が刻まれます。

両家墓のイメージ:ひとつの墓石に両家が納骨。ひとつの区画に両家の墓石を建てる

両家墓のイメージ


もしかしたら、お墓にとって新たな変革期が訪れているのかもしれません。
戦後一貫して右肩上がりだった我が国の人口が、少子化により減少に転じてきました。子や孫の世代の減少により、お墓を守ることを真剣に悩む時代となりました。
核家族化が進み数少ない子や孫が、複数のお墓をどのように守っていくか悩んだ結果、両家墓という決断になったのではと思います。

お墓に対し伝統や慣わしなど、堅苦しさを感じる方も多いかもしれませんが、お墓も常に現代社会の環境に合わせ変化し続けています。ご自分やご家族にとって最良のお墓スタイルは何か、今こそ検討してみる時期かもしれません。


カテゴリー:お墓とは   最終更新日:2015年11月10日

「お墓とは」の関連記事

お墓の供花に造花はアリ?ナシ?

お墓にお供えされる菊の花
お墓参りに行ったり、霊園を見学すると気になることはありませんか。 私が気になるのは、お墓にお供えされたお花です。供花や仏花と呼ばれ[...]

寿陵墓でご先祖供養を

エンディングノートお墓について
終戦直後に生まれ、戦後復興で都会に生活の基盤を作ってきた、いわゆる団塊の世代の方々が終活の準備を進めています。 終活に注目が集まる[...]

現代のお墓に残る古来の風習

横穴古墳の内部 市ヶ尾横穴古墳群(横浜市青葉区)
お墓がどのような過程で今の形になったのか。お墓の疑問を解き明かすため、一気にタイムスリップして6世紀後半から7世紀後半の古墳時代の[...]

墓所のスタイルとお墓の様式

個人の墓碑が並ぶ永代供養墓
お墓の形は様々ありますが、そのお墓を建てる墓所にも様々な種類があります。 納得のいくお墓を建てるには、墓所それぞれの特長や雰囲気な[...]

お墓の形・デザインも様々あります(画像で比較)

五輪塔(ごりんとう)の墓石
迷ってしまうのがお墓の形、墓石のデザインです。落ち着いた雰囲気の和型墓石。洋型墓石のオシャレな感じも好き。もっと石材やデザインにこ[...]