お墓と墓石のトップ >>  お墓とは > 永代供養墓(えいたいくようぼ)とは

永代供養墓(えいたいくようぼ)とは

継承者のいない方が自らの遺骨をお寺や霊園にお願いするのが、永代供養墓です。
生前に永代供養墓に申し込み、お亡くなりになった後は、火葬され骨壷になって納骨堂へ納められます。四十九日に永代供養墓に納骨されるのが一般的です。

永代供養墓 民間霊園に造られた共同墓(市川メモリアルパークより)

永代供養墓 民間霊園に造られた共同墓(市川メモリアルパークより)

永代供養墓は、一定期間(霊園やお寺さんによって様々)骨壷のまま供養した後、ご遺骨を出し他の方と一緒に納骨します。そのことから合祀墓合葬墓共同墓などの言い方もあります。

継承者や身寄りのない方のご遺骨が納められるのが一般的ですが、生前の不仲などで夫婦別のお墓に入りたいと考える方が選ぶこともあります。

永代供養墓は、民間や公営霊園でも設置する霊園が増えてきているそうです。

霊園側では、定期的にお坊さんをお招きになり、永代供養墓にお眠りになられている方々をご供養されるのが一般的です。
天国に行かれても管理や供養の不安なく、安心してお休みいただけるのも永代供養墓の人気の一つです。


カテゴリー:お墓とは   最終更新日:2015年11月10日

「お墓とは」の関連記事

お墓の供花に造花はアリ?ナシ?

お墓にお供えされる菊の花
お墓参りに行ったり、霊園を見学すると気になることはありませんか。 私が気になるのは、お墓にお供えされたお花です。供花や仏花と呼ばれ[...]

寿陵墓でご先祖供養を

エンディングノートお墓について
終戦直後に生まれ、戦後復興で都会に生活の基盤を作ってきた、いわゆる団塊の世代の方々が終活の準備を進めています。 終活に注目が集まる[...]

現代のお墓に残る古来の風習

横穴古墳の内部 市ヶ尾横穴古墳群(横浜市青葉区)
お墓がどのような過程で今の形になったのか。お墓の疑問を解き明かすため、一気にタイムスリップして6世紀後半から7世紀後半の古墳時代の[...]

先祖代々の墓と両家墓

時代の流れを感じる墓石が並ぶ
霊園を拝見すると、しばしばお見かけするのが「両家墓」です。改めて両家墓が誕生した経緯と、従来の先祖代々の墓(一族墓)との違いを、時[...]

墓所のスタイルとお墓の様式

個人の墓碑が並ぶ永代供養墓
お墓の形は様々ありますが、そのお墓を建てる墓所にも様々な種類があります。 納得のいくお墓を建てるには、墓所それぞれの特長や雰囲気な[...]