お墓と墓石のトップ >>  お墓とは > 生前墓(寿陵)で長寿?早逝?

生前墓(寿陵)で長寿?早逝?

元気なうちにご自ら建てるお墓を生前墓といい、寿陵(読み:じゅりょう)とも呼ばれます。”長生き”と”めでたさ”を表す「寿」と、お墓を意味する「陵」が使われていることから、生前墓は長生きを祈願したものです。
また、しばしば見かける寿陵墓の書き方ですが、これは誤りです。これでは「寿・墓・墓」になってしまいます。「陵」にはお墓の意味もありますので寿陵だけで生前墓の意味を持ちます。

そもそもお墓を建てる事は大変な労力を必要とします。親族や家族との相談から霊園の場所、墓石のデザインなど多種多様な作業が待っています。ならば、次の世代に霊園選びやお墓の負担を残さないためにも、生前墓を立てることをお薦めします。

生前墓を建てる理由・メリット
1、長寿を祈願して生前墓を建てる
2、子世代にお墓を建てる苦労や経済的負担を残さない
3、自分が好きなデザインのお墓に入れる
4、相続税対策(資産家の方)

相続税対策として生前墓ですが、お墓は相続税を免除され子世代に受継がせることができます。ただ、相続税を支払う必要のある方は毎年4%強ほどで、よほど多額の資産をお持ちの方以外、ほとんどの方は相続税対策にはならないのが現実です。

迷信!?生前墓で早世?

霊園の様子

霊園の様子

生前墓は寿陵と呼ばれて喜ばしいものですが、まったく逆のお話「生前墓を建てると早世する」と言われる方もいらっしゃいます。
お墓を建てると死を意識する、縁起が悪いなどが生前墓を嫌う理由です。
まったく逆の意見が、生前墓の噂として語られています。では、生前墓を建てると「長寿」か「早世」か、どちらを信じたらよいのでしょうか。

一言付け加えるなら、そのことで悩むより、子世代への負担軽減霊園やお墓を選ぶ楽しみの方が、生前墓を建てる大きな理由になるのではないでしょうか。

現在では、民間霊園を中心に生前墓(寿陵)を建てる方が多くなっています。

首都圏の生前墓選びは
日本霊園サービスへお問い合わせください。


カテゴリー:お墓とは   最終更新日:2015年11月10日

「お墓とは」の関連記事

お墓の供花に造花はアリ?ナシ?

お墓にお供えされる菊の花
お墓参りに行ったり、霊園を見学すると気になることはありませんか。 私が気になるのは、お墓にお供えされたお花です。供花や仏花と呼ばれ[...]

寿陵墓でご先祖供養を

エンディングノートお墓について
終戦直後に生まれ、戦後復興で都会に生活の基盤を作ってきた、いわゆる団塊の世代の方々が終活の準備を進めています。 終活に注目が集まる[...]

現代のお墓に残る古来の風習

横穴古墳の内部 市ヶ尾横穴古墳群(横浜市青葉区)
お墓がどのような過程で今の形になったのか。お墓の疑問を解き明かすため、一気にタイムスリップして6世紀後半から7世紀後半の古墳時代の[...]

先祖代々の墓と両家墓

時代の流れを感じる墓石が並ぶ
霊園を拝見すると、しばしばお見かけするのが「両家墓」です。改めて両家墓が誕生した経緯と、従来の先祖代々の墓(一族墓)との違いを、時[...]

墓所のスタイルとお墓の様式

個人の墓碑が並ぶ永代供養墓
お墓の形は様々ありますが、そのお墓を建てる墓所にも様々な種類があります。 納得のいくお墓を建てるには、墓所それぞれの特長や雰囲気な[...]