お墓と墓石のトップ >>  お墓とは > お墓の継承

お墓の継承

日本に限らず古来よりお墓は先祖代々に渡り守り承継されてきました。 
故人の亡骸を丁重に扱い埋葬することは人間しか持ち得ない精神的営みであり、お墓を守り受継ぐことは最も文明的な行為ではないでしょうか。

イメージ:お墓の継承

イメージ:お墓の継承

現代においてもお墓は親族の絆によって守り続けられ、将来に渡り継承されることを多くの方が望むことだと思います。

一般的な慣習として家(家督)を継ぐ長男がお墓を承継しますが、現代において核家族化や一人娘が嫁ぐなど、お墓の承継を取り巻く社会状況が大きく変化しています。

お墓の継承に関する法律(民法)

お墓の承継については民法では次のように定められています。

民法(897条)
「系譜、祭具及び墳墓の所有権は、相続分の規定によらず、慣習に従って祖先の祭祀を主催すべき者がこれを承継する。但し、被相続人の指定に従って祭祀を主催するべき人があるときは、その者が承継する」

お墓の継承に関して法律では「長男が継承する」とは謳っていません。
お墓は遺産相続の対象ではなく、その地域や親族の慣習に任せるとしていますので、次男や嫁いだ娘、遠縁の親族が継承しても問題はありません。お墓の継承において、慣習が法律より優先することを意味します。

また、お墓の権利者が亡くなる前に指定すれば、例え親族でなくともお墓を承継できると定められているのです。

現実には民法通り、故人が生前に指定していない場合、長男もしくは故人の配偶者が承継するケースがほとんどのようです。
法律は慣習を尊重しており、お墓継承が親族間のトラブルとなり解決が難しい場合に家庭裁判所の出番と言うことになります。

お墓の継承に手続き

お墓の承継手続きは承継者が墓地の管理者に「使用者名義変更」を提出し、手数料を支払う事で完了します。
またその際、下記の書類が必要になります。

・墓地使用許可証
・継承使用申請書
・申請者の戸籍抄本
・申請者の実印・印鑑登録証明書


カテゴリー:お墓とは   最終更新日:2013年4月24日

「お墓とは」の関連記事

お墓の供花に造花はアリ?ナシ?

お墓にお供えされる菊の花
お墓参りに行ったり、霊園を見学すると気になることはありませんか。 私が気になるのは、お墓にお供えされたお花です。供花や仏花と呼ばれ[...]

寿陵墓でご先祖供養を

エンディングノートお墓について
終戦直後に生まれ、戦後復興で都会に生活の基盤を作ってきた、いわゆる団塊の世代の方々が終活の準備を進めています。 終活に注目が集まる[...]

現代のお墓に残る古来の風習

横穴古墳の内部 市ヶ尾横穴古墳群(横浜市青葉区)
お墓がどのような過程で今の形になったのか。お墓の疑問を解き明かすため、一気にタイムスリップして6世紀後半から7世紀後半の古墳時代の[...]

先祖代々の墓と両家墓

時代の流れを感じる墓石が並ぶ
霊園を拝見すると、しばしばお見かけするのが「両家墓」です。改めて両家墓が誕生した経緯と、従来の先祖代々の墓(一族墓)との違いを、時[...]

墓所のスタイルとお墓の様式

個人の墓碑が並ぶ永代供養墓
お墓の形は様々ありますが、そのお墓を建てる墓所にも様々な種類があります。 納得のいくお墓を建てるには、墓所それぞれの特長や雰囲気な[...]