お墓と墓石のトップ >>  お墓とは > お墓について考えよう

お墓について考えよう

自分のお墓をどうするか?

お墓の話しパンフレットを読むご夫婦

お墓の話しパンフレットを読むご夫婦

自分たちのお墓をどうするかということは、誰もがいつか直面する問題です。
しかも、なるべくなら考えたくないと感じている方が多いようです。
しかし、時代の流れとともに、お墓に対する考え方が変わっているのが事実です。お墓というものを、自分の生きた証将来の住まいと明るく考え、自分の趣味、嗜好を取り入れたお墓を建てる方も増えてきています。

嫌だ・めんどうだと考えてお墓づくりを行うより、自分や自分の家族が喜べるお墓を作りたいと思って取り組めば、満足の行くお墓が出来ることでしょうし、お墓が完成したときの充実感と安心感は格別のものがあることでしょう。

お墓を考えるにあたってないより大切なものは、前向きな考え方でないでしょうか。(お墓や霊園の選び方はこちらをご覧ください。)

家族に負担をかけたくない

お墓の話しパンフレット-ご家族揃ってお墓参り

ご家族揃ってお墓参り

「万が一」のときは予想ができません。しかし、だからといって何も準備しないというのも不安です。
実際に、お身内にご不幸が訪れてから「すぐにお墓を」といっても、ご葬儀、ご法事などの準備をしながら満足の行く墓地を探すというのは、そう簡単にできることではありません。

さらには、現在のお墓は多種多様になっています。「お墓はどこでもいい、なんでもいい」と考えられるのは必要のないときで、いざ必要になると誰もが迷うものです。

それが自分自身のお墓なら、悩むのもお墓づくりの醍醐味として捉えられるでしょうが、残されたご家族がお墓を準備する場合、一番意見を聞きたいご本人に相談できない不安があります。

そのほか具体的な負担として、お墓の費用が挙げられますが、お墓は相続税の対象とはなりませんので、生前にお墓を準備しておくことで、節税にもなります。
お墓と税金について詳しくはこちらをご覧ください。

現在のお墓事情

お墓の話しパンフレット-ご夫婦で霊園のことご検討

ご夫婦で霊園のことご検討

近年では、住環境に合わせて、お墓事情も変わってきています。
首都圏・大都市圏への人口集中や、近年問題視されている少子化の傾向がある中で、増えてきているのが「お墓の改葬」です。

改葬」とは、いわゆるお墓の引越しで、故郷のお墓を現在の住宅近くに移す方が増えています。
改葬をお考えの方は日本霊園サービスにご相談ください。

生まれ故郷を離れ首都圏などへ移り、今お住まいが第二の故郷となられた方がたくさんいらっしゃいます。
その方々が、遠くにある故郷のお墓守りをしていくのは経済的にも大変です。

また、ご自身が分家の立場で新たにお墓が必要とする方ならば、遠い生まれ故郷ではなく、現在お住まいのご自宅近くにお墓を持ちたいと考えるのは、ごく自然なことといえます。

このように、人口が集中する地域ではお墓の需要も増え続け、お墓の数が常に不足しています。都市部の公営霊園だけでは供給数が少なく、募集に対して平均20~30倍の競争倍率となっています。

このような状況を背景に、今後ますます民営霊園への需要が高まることが予想されます。いずれにしても、生まれ育った地域に根をおろし、お墓を代々受け継いできた時代とは異なり、現代の生活環境に合わせたお墓の考え方が増えてきているのが現状です。

ご自身のことに加え、ご家族やお子様のご事情なども合わせて、総合的に考えるのが好ましいといえるでしょう。


カテゴリー:お墓とは   最終更新日:2014年2月24日

「お墓とは」の関連記事

お墓の供花に造花はアリ?ナシ?

お墓にお供えされる菊の花
お墓参りに行ったり、霊園を見学すると気になることはありませんか。 私が気になるのは、お墓にお供えされたお花です。供花や仏花と呼ばれ[...]

寿陵墓でご先祖供養を

エンディングノートお墓について
終戦直後に生まれ、戦後復興で都会に生活の基盤を作ってきた、いわゆる団塊の世代の方々が終活の準備を進めています。 終活に注目が集まる[...]

現代のお墓に残る古来の風習

横穴古墳の内部 市ヶ尾横穴古墳群(横浜市青葉区)
お墓がどのような過程で今の形になったのか。お墓の疑問を解き明かすため、一気にタイムスリップして6世紀後半から7世紀後半の古墳時代の[...]

先祖代々の墓と両家墓

時代の流れを感じる墓石が並ぶ
霊園を拝見すると、しばしばお見かけするのが「両家墓」です。改めて両家墓が誕生した経緯と、従来の先祖代々の墓(一族墓)との違いを、時[...]

墓所のスタイルとお墓の様式

個人の墓碑が並ぶ永代供養墓
お墓の形は様々ありますが、そのお墓を建てる墓所にも様々な種類があります。 納得のいくお墓を建てるには、墓所それぞれの特長や雰囲気な[...]