お墓と墓石のトップ >>  お墓とは > お墓をお持ちですか?

お墓をお持ちですか?

ある調査では35歳以上の方では、8割以上が定期的なお墓参りを行っているとのことです。多くの方がご先祖様とのつながりを大切にされているとお見受けいたします。

イメージ:お墓参り

イメージ:お墓参り

ただ、お墓について家族や親戚といさかいが起こることも多々あります。

長男が家を継承する伝統的な慣習で、長男が本家で次男以降は分家となり先祖代々のお墓に入ることができない。または、長男は未婚で、嫁いだ娘にお墓の管理をお願いできないかなど様々です。

お墓にまつわる今の状況は日本社会の縮図のように感じます。

昔ながらのしきたりと少子高齢化の問題が混在した現代日本は、お墓を守ることに悩みがつき物です。先祖代々のお墓を守る人、新たにお墓を立てる人、お墓を身近に移したりご遺骨をまとめる改葬など、お墓に対し確かな意義を見出し、より存在を感じる時代ではないでしょうか。

お墓を持ち守るということは、ご先祖様のご冥福を祈り現世を生きる我々の健康や無事を願い、死後の安寧をお願いする大切なことであります。

皆様も一度お墓について考えたり、ご家族やご親戚と話してみては如何でしょうか。


カテゴリー:お墓とは   最終更新日:2013年5月3日

「お墓とは」の関連記事

お墓の供花に造花はアリ?ナシ?

お墓にお供えされる菊の花
お墓参りに行ったり、霊園を見学すると気になることはありませんか。 私が気になるのは、お墓にお供えされたお花です。供花や仏花と呼ばれ[...]

寿陵墓でご先祖供養を

エンディングノートお墓について
終戦直後に生まれ、戦後復興で都会に生活の基盤を作ってきた、いわゆる団塊の世代の方々が終活の準備を進めています。 終活に注目が集まる[...]

現代のお墓に残る古来の風習

横穴古墳の内部 市ヶ尾横穴古墳群(横浜市青葉区)
お墓がどのような過程で今の形になったのか。お墓の疑問を解き明かすため、一気にタイムスリップして6世紀後半から7世紀後半の古墳時代の[...]

先祖代々の墓と両家墓

時代の流れを感じる墓石が並ぶ
霊園を拝見すると、しばしばお見かけするのが「両家墓」です。改めて両家墓が誕生した経緯と、従来の先祖代々の墓(一族墓)との違いを、時[...]

墓所のスタイルとお墓の様式

個人の墓碑が並ぶ永代供養墓
お墓の形は様々ありますが、そのお墓を建てる墓所にも様々な種類があります。 納得のいくお墓を建てるには、墓所それぞれの特長や雰囲気な[...]