お墓と墓石のトップ >>  お墓とは > お墓とはどんな存在ですか

お墓とはどんな存在ですか

お墓とはお亡くなられた方の亡骸を納め、故人を弔うための場所です。
現代日本において多くの場合が火葬ですので、ご遺骨を入れた骨壷を墓(具体的にはカロートといわれる納骨スペース)に納めます。

民間霊園の俯瞰(市川メモリアルパークより)

民間霊園の俯瞰(市川メモリアルパークより)

お墓の意味

お墓はご遺骨を納める場所だけではありません。祖先や故人のご冥福を祈り、現世に生きる私たちの生に感謝する場所がお墓です。

今この瞬間も生きているのはご両親や祖父母、ご先祖様がいてこそと考えれば感謝しても仕切れません。日々の忙しい生活の中で感謝の心が薄れることもあるかもしれませんが、お墓参りを通じ感謝と心の安寧を取り戻すことが大切なように思います。

日本のお墓事情

現在、著名な方などのお墓を除けば個人墓はきわめて少なく、家族や一族で代々引き継がれるいわゆる先祖代々の墓がほとんどです。家族の絆を大切にしてきた日本ならではの風習が現在のお墓事情にも現れているように思います。

過去、日本の慣わしから言うと、本家を継ぐ長男がお墓を代々継承し、次男以降は分家となり新たにお墓を持たなければなりませんでした。
ただ現代日本においては少子高齢化や都市化などの経済的な問題に伴い、お墓に入る続柄も広がっているようです。

日本人は生まれ育った場所に愛着を持ち、死後その土地の土に返ることが大切と考える方が多いように思います。

進学や就職で生まれ育った土地を離れ都会に転居、そこで生活を営み次の世代が誕生する。戦後日本でそこかしこに見受けられた社会状況でした。遠方になった故郷への帰省は年に一度か二度、大変だけど毎年欠かさずお墓参りを行ってきた。
それは自分が死んだら生まれ育った故郷のお墓に戻りたいと思う方が、多くいらっしゃるからではないでしょうか。

今は改葬という方法で遠方のお墓を身近な霊園に移すことも可能ですが、生まれた土に戻りたいという気持ちも痛いほど分かります。
日本で培われた土と密着した生活様式が、お墓に関する慣習に大きく影響している状況がよく分かります。


カテゴリー:お墓とは   最終更新日:2013年5月2日

「お墓とは」の関連記事

お墓の供花に造花はアリ?ナシ?

お墓にお供えされる菊の花
お墓参りに行ったり、霊園を見学すると気になることはありませんか。 私が気になるのは、お墓にお供えされたお花です。供花や仏花と呼ばれ[...]

寿陵墓でご先祖供養を

エンディングノートお墓について
終戦直後に生まれ、戦後復興で都会に生活の基盤を作ってきた、いわゆる団塊の世代の方々が終活の準備を進めています。 終活に注目が集まる[...]

現代のお墓に残る古来の風習

横穴古墳の内部 市ヶ尾横穴古墳群(横浜市青葉区)
お墓がどのような過程で今の形になったのか。お墓の疑問を解き明かすため、一気にタイムスリップして6世紀後半から7世紀後半の古墳時代の[...]

先祖代々の墓と両家墓

時代の流れを感じる墓石が並ぶ
霊園を拝見すると、しばしばお見かけするのが「両家墓」です。改めて両家墓が誕生した経緯と、従来の先祖代々の墓(一族墓)との違いを、時[...]

墓所のスタイルとお墓の様式

個人の墓碑が並ぶ永代供養墓
お墓の形は様々ありますが、そのお墓を建てる墓所にも様々な種類があります。 納得のいくお墓を建てるには、墓所それぞれの特長や雰囲気な[...]