お墓と墓石のトップ >>  お墓とは > 今増えている両家墓とは

今増えている両家墓とは

両家墓とは近年増えてきたお墓の種類の一つで、1つの墓所に夫婦両家の墓を建てたり、1つの墓石に両家の家名を入れたお墓です。

少子化の影響はお墓事情にも現れています。
子世代の夫婦が一人っ子同士であったり、孫世代が一人しかいなく両家のお墓を一緒にしなければならない必要性が出てきました。

両家墓が必要な方
● 一人っ子同士のご結婚で、ご夫婦それぞれの家の墓をお持ちの方(改葬)
● お墓を継承できる孫が一人しかいない

それでは両家墓とはどのようなお墓の形態になるのでしょうか。

両家墓のイメージ:ひとつの墓石に両家が納骨。ひとつの区画に両家の墓石を建てる

両家墓のイメージ

代表事例
● ひとつの墓石でご両家のご遺骨を納める両家墓
● ひとつの区画に両家それぞれお墓を建てる両家墓

孫世代に重いの負担にならないよう、早いうちに両家墓の検討に入る方も増えてきており、すでに霊園でもちらほら見受けられる状況です。
少子化の中、孫(継承者)がいるだけ幸運だという言葉も耳にします。お墓を託す子や孫が一層大切に思えてくるのではないでしょうか。


カテゴリー:お墓とは   最終更新日:2013年9月5日

「お墓とは」の関連記事

お墓の供花に造花はアリ?ナシ?

お墓にお供えされる菊の花
お墓参りに行ったり、霊園を見学すると気になることはありませんか。 私が気になるのは、お墓にお供えされたお花です。供花や仏花と呼ばれ[...]

寿陵墓でご先祖供養を

エンディングノートお墓について
終戦直後に生まれ、戦後復興で都会に生活の基盤を作ってきた、いわゆる団塊の世代の方々が終活の準備を進めています。 終活に注目が集まる[...]

現代のお墓に残る古来の風習

横穴古墳の内部 市ヶ尾横穴古墳群(横浜市青葉区)
お墓がどのような過程で今の形になったのか。お墓の疑問を解き明かすため、一気にタイムスリップして6世紀後半から7世紀後半の古墳時代の[...]

先祖代々の墓と両家墓

時代の流れを感じる墓石が並ぶ
霊園を拝見すると、しばしばお見かけするのが「両家墓」です。改めて両家墓が誕生した経緯と、従来の先祖代々の墓(一族墓)との違いを、時[...]

墓所のスタイルとお墓の様式

個人の墓碑が並ぶ永代供養墓
お墓の形は様々ありますが、そのお墓を建てる墓所にも様々な種類があります。 納得のいくお墓を建てるには、墓所それぞれの特長や雰囲気な[...]